マルタ島留学日記

2017年の4月から半年間マルタ留学をしました。語学留学・海外旅行について

16日間のコンチキツアーcontikiに参加した話④感想・まとめ

前回はコンチキの「移動メインの日の流れ」を紹介したので、今回は「観光メインの日」を取り上げていきます~!

コンチキツアー参加体験レポまさかの第4弾です!

(※2017年8月実施のツアーの内容です)

gutereiseee.hatenablog.com

 

観光メインの日

まず、コンチキにはデフォルトで組み込まれているアクティビティと、追加料金を払って参加するオプションアクティビティの2つがあります。

デフォルト

・新たしい国に到着した日のディナーや、初日・最終日のディナー(次の国に到着したらもう夜7時とかだし、疲れてるし、初めての場所でいきなり外食先を探すのはしんどいからありがたかった。このディナーの詳細は③の記事で触れています!)

・オランダのサイクリング30分ほど

・オランダのチーズ工場・木靴工場の見学(という名のお土産屋斡旋)

 

・・・こんなもんかな?オランダしか思い出せないぞ・・・

オランダは最初の訪問先だったので、全員参加のアクティビティを入れて親睦をはかるようにしてくれたのかもって今分りました。

 

オプション

わたしは途中で降りるプランだったので、スイスの登山やパリのキャバレーなどなどはオプションの選択肢としてなかったのですが、行程すべて参加すると10万くらい行くみたいです。

領収書の写真を撮ったので、どんなものがあるかは写真で確認してください(ズボラ)

f:id:kamiyax:20171130093424j:plain

オプションの領収書。全部参加すると4万円超え。

それでも全部参加している人が多いみたいでした。

 

ここには書かれてないんですが、最初の訪問先のアムステルダムにも3つオプションがあって、ディナーとクルーズとポルノショーとすべて参加しているので、わたしが追加で払ったのは18000円くらいになったとおもいます。

 

そしてこれがツアーマネージャーが作ってくれる工程表

f:id:kamiyax:20171130093900j:plain

これ見たら移動と観光の流れなんとなくわかると思うんですが、DAY4の9:10から16:00まで「FREE DAY」になっています。わたしはベルリンでは何もオプションをとっていなかったので、その前後のツアーも参加する必要がなく、ここでは1日フリーでした。

学生旅行でイタリア周遊ツアーにも参加したことがありますが、日本の典型的なバスツアーは自由時間があってもせいぜい3時間できまった範囲だったので、このあたりが放任主義というか、各自の采配で自由にできるのがコンチキのいいところだと思います。

ちょうどこの時分、マルタの語学学校での友人もヨーロッパ旅行をしていたため、チェコでスケジュールが重なり、再開できたのもいい思い出です。

 

ツアーマネージャーについて

わたしたちが参加したツアーのマネージャーはイギリス人の女性でした。

初日に「わたしが喋っていること(英語)がわからないときは言ってね」とわたしたち日本人に声をかけてくれ、やっぱりツアー中もどこかアウェイなアジア人2人組に気を配って接してくれる素敵な人でした。

マネージャーの年齢も参加者と同年代なので、夜はマネージャーも一緒にバーに出掛けていたことが多かったみたいです。

 

メンバーについて

53人もいたらまったく話さない人もいますし、最初からわたしたち日本人とは絡まないってスタンスが感じられる人もいましたが、基本的にみんなとても友好的で、聞き取れなかったツアマネの英語をわかりやすく教えてくれたり、いろいろと話しかけてくれました。もう2度と会うことはないんだろうなと思いますが、フェイスブックでつながった人も数人いたりするので、日本に来てくれたらおもてなしするよ、と伝えています。

 

とにかく参加中は旅とか精神的な疲れとかであまり考えていませんでしたが、いざ思い返すと楽しかったなと思えるコンチキ参加でした。

ベッドバグ事件だけは、そのうち書きたい・・・・!